コンビ肌着の特徴ってなに?

近年、新生児肌着の中でも注目されているのが「コンビ肌着」でしょう。コンビ肌着とは、長肌着と同じく足元にまで及んでいて、さらに股下にて左右に分かれている肌着のことを指します。コンビ肌着の特徴は、長肌着と同じく足元までしっかりと赤ちゃんのお肌を守ってくれる点にあります。
しかしながら股下がスースーする長肌着とは違い、コンビ肌着の股下にはスナップが取り付けられていて、これを留めることによって股下から冷気が侵入するのを防いでくれます。長肌着とコンビ肌着の違いは一見すると地味ではありますが、この少しの違いが大きな違いです。というのも抱っこをする瞬間や、足をパタパタと動かす時期に差し掛かると、長肌着の場合ははだけてしまう可能性があるわけですが、コンビ肌着ならば股下でスナップが止められているためその可能性がありません。
はだけているのを知らずに抱っこし続けていたり、足を動かしていてはだけているのに気付かずそのまま放置してしまったり、といった心配はいりません。

更に、コンビ肌着はスナップを留めておかなければ、長肌着のように着ることもできる点が特徴となります。暑い時期には涼しさも必要になるわけですが、その場合はスナップを外したまま、涼しく過ごすことも可能なのです。


Comments are closed here.