短肌着、長肌着…新生児肌着は種類が多い!

赤ちゃんにとって体温調節は非常に難しいもの。子供になると少しずつ体温調節ができるようになっていき、成人になれば難なくできるようになってしまいます。体温調節が上手にできない赤ちゃんは、親御さんが少しでも気を抜くとすぐに風邪をひいてしまいますので、目が離せないものです。
赤ちゃん用の肌着は体温を一定に保つために必要な衣服であり、親御さんは赤ちゃんが暑そうにしていたら脱がせてあげたり、逆に寒そうにしていたら着せてあげたりする必要があります。ですが、そんなに何度も着せたり脱がしたりするのは大変です。

赤ちゃん用の新生児肌着にはいくつか種類があることを、皆さんもご存知だと思います。それらの種類はそれぞれ特徴が異なり、体温調節の面を考慮しても上手に選んであげなければなりません。短肌着は基本となる肌着で、お腹あたりまである肌着のことを指します。これに対して長肌着というものがあり、こちらは裾が赤ちゃんの足先にまで及ぶ肌着です。長肌着はお腹のあたりまでしっかりカバーしてくれることになり、冷え対策にはバッチリの肌着と言えるでしょう。
肌着の一種としてボディスーツも話題になっています。ボディスーツは欧風スタイルの肌着で、足だけ出して胴体部分をカバーしてくれるという、短肌着と長肌着の中間のような存在です。さて、それでは次にコンビ肌着について見ていきましょう。当サイトではコンビ肌着の特徴選び方についてご紹介していきます。


Comments are closed here.