Archives: 未分類

必要枚数を考えて用意しよう!

大人の場合には基本的に1日に1枚あれば事足りてしまう肌着ですが、新生児肌着の場合は事情が大きく異なります。赤ちゃんはとにかく純粋に動きたがるもので汚してしまうシーンもしばしば起こります。たとえばオムツを取り替えている最中に動いてしまったがために肌着まで汚れてしまったり、ミルクを飲んでいる時にこぼしてしまって汚してしまったりと、意外と着替えのシーンは多いものです。
さて、それでは1日にどの程度の枚数が必要になるのか、という話になりますが、2枚程度、多い時には3枚必要になることもあります。夏場の場合には汗をかいているからと着替えさせればもう一着必要になりますね。というわけで3枚あれば1日は過ごせます。また、これに加えてお洗濯をしていることや、お洗濯の回数などにも応じて新生児肌着を用意する必要があります。したがって、最低でも6着、できれば10着程度持っていれば問題はなさそうです

新生児肌着に関する疑問のあれこれ、いかがでしたでしょうか。赤ちゃんはすぐに成長してしまうため、新生児肌着も着るのが一時的であると考えるとあまり多く必要ないのではないか、とも思ってしまうかもしれませんが、実際に子育てをしてみると案外多く使うものです。素材、枚数に着目して、皆さんも新生児肌着をぜひ用意してみてください。


〔関連HP〕ベビー服 新生児肌着
ベビー服・新生児肌着を販売している「Chuckle BABY」です。


季節を考えて選ぼう!

赤ちゃんはとにかく体温の調節が苦手です。親御さんはそのことも踏まえた上で新生児肌着を着せてあげる必要があるわけですが、それではどのように選んでいく必要があるのでしょうか。上手に選んであげるポイントになるのは「季節」と「素材」です。
季節によって気温が変わり、暑いときには涼しくなるように、また汗を吸い取ってくれる素材のものを選んであげなければなりません。逆に冬の場合には寒さ対策をしっかりと行う必要があり、保温性を重視して選んでいくことが望ましいでしょう。微調整が必要な難しい時期が春と秋で、衣替えは一気にするのではなく、夏用や冬用の肌着を併用する期間を設けることをおすすめします。

肌着に使用されている素材にはいくつか種類がありますが、ここでは代表的なものを取り上げていきます。吸汗性の高い素材として挙げられるのがガーゼ素材となります。軽く、涼しい素材で、保温性に難があるという特徴があります。逆に保温性に優れていて温かい素材なのが、スムースやパイルとなります。通気性には欠け、涼しく過ごしたいときには向きません。そして大人気の素材がコットン素材です。肌触りが良く、保湿性にも放湿性にも、通気性にも優れているのがコットンの特徴となります。


コンビ肌着の特徴ってなに?

近年、新生児肌着の中でも注目されているのが「コンビ肌着」でしょう。コンビ肌着とは、長肌着と同じく足元にまで及んでいて、さらに股下にて左右に分かれている肌着のことを指します。コンビ肌着の特徴は、長肌着と同じく足元までしっかりと赤ちゃんのお肌を守ってくれる点にあります。
しかしながら股下がスースーする長肌着とは違い、コンビ肌着の股下にはスナップが取り付けられていて、これを留めることによって股下から冷気が侵入するのを防いでくれます。長肌着とコンビ肌着の違いは一見すると地味ではありますが、この少しの違いが大きな違いです。というのも抱っこをする瞬間や、足をパタパタと動かす時期に差し掛かると、長肌着の場合ははだけてしまう可能性があるわけですが、コンビ肌着ならば股下でスナップが止められているためその可能性がありません。
はだけているのを知らずに抱っこし続けていたり、足を動かしていてはだけているのに気付かずそのまま放置してしまったり、といった心配はいりません。

更に、コンビ肌着はスナップを留めておかなければ、長肌着のように着ることもできる点が特徴となります。暑い時期には涼しさも必要になるわけですが、その場合はスナップを外したまま、涼しく過ごすことも可能なのです。


短肌着、長肌着…新生児肌着は種類が多い!

赤ちゃんにとって体温調節は非常に難しいもの。子供になると少しずつ体温調節ができるようになっていき、成人になれば難なくできるようになってしまいます。体温調節が上手にできない赤ちゃんは、親御さんが少しでも気を抜くとすぐに風邪をひいてしまいますので、目が離せないものです。
赤ちゃん用の肌着は体温を一定に保つために必要な衣服であり、親御さんは赤ちゃんが暑そうにしていたら脱がせてあげたり、逆に寒そうにしていたら着せてあげたりする必要があります。ですが、そんなに何度も着せたり脱がしたりするのは大変です。

赤ちゃん用の新生児肌着にはいくつか種類があることを、皆さんもご存知だと思います。それらの種類はそれぞれ特徴が異なり、体温調節の面を考慮しても上手に選んであげなければなりません。短肌着は基本となる肌着で、お腹あたりまである肌着のことを指します。これに対して長肌着というものがあり、こちらは裾が赤ちゃんの足先にまで及ぶ肌着です。長肌着はお腹のあたりまでしっかりカバーしてくれることになり、冷え対策にはバッチリの肌着と言えるでしょう。
肌着の一種としてボディスーツも話題になっています。ボディスーツは欧風スタイルの肌着で、足だけ出して胴体部分をカバーしてくれるという、短肌着と長肌着の中間のような存在です。さて、それでは次にコンビ肌着について見ていきましょう。当サイトではコンビ肌着の特徴選び方についてご紹介していきます。